Clo3d ダーツの描き方2種類

礒です。今回はパターンにダーツを描く方法を2つ書いていきたいと思います。

分割してから描く方法

①2D Pattern Windowのツールバーから[Edit Pattern]を選択します。

②分割する線分を右クリックし、③ドロップダウンメニューから[Split]を選択します。

④分割メニューがひらくので、その中から[Number of Segments]を探し出し[2]と入力します。
これで等しく二分割されました。

⑤続けて分割点を右クリックし、⑥[Add Dart]を選択します。

ダーツのウィンドウが表示されます。
幅や長さを入力し、[Shape Dart Cap]のチェックを外しOKをクリックします。

これで綺麗なダーツを描くことができました。

自由にダーツを描いて作る方法

ここで紹介する例では適当な寸法でやっていますが、実際やる際は線分の長さなどに気を配りましょう。

2D Pattern Windowのツールバーから①[Internal Polygon/Line]をクリックし、②画像のように線を描きます。最後の端点は打つときにダブルクリックで終わらせるか、一度描いてしまってから[Enter]キーを押して描画を完了させます。

描く際に各線の寸法が表示されるので、それをあてにして描くのが良いでしょう。

ツールバーから③[Edit Pattern]を選択し、さきほど描いた線を選択状態(黄色くハイライトされる)にし、④右クリックします。
開かれたプルダウンメニューから⑤[Cut]を選択します。

画像のように切り取られたでしょうか。
できていない場合は線の端点がパターンの端まで到達していないか、Cutする前の選択段階で2つの線分をきちんと選択できていない可能性があります。

不要になった部分を消しましょう。
ツールバーから⑥[Transform Pattern]を選択し、⑦切り取ったパターンを選択し削除します。キーボードの[Backspace]か[Delete]キーで消すことができます。

これでダーツを作ることができました。

終わり

いかがだったでしょうか。
今回は2種類のやり方を紹介させていただきましたが、これ以外にもやりやすい方法を見つけた場合は書き足していきたいと思います。

では今回はこれで終わります。

投稿者: 礒信一

3DCGクリエイター

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。