Clo3d シンメトリーパターン

礒です。今回はパターンを左右別々に描くのではなくて、片方いじればもう片方にも適用されるシンメトリーについて書いていきたいと思います。

状況説明

洋服のパターンの制作途中です。
パターンの外線が青くハイライトされてるのはシンメトリーになっていることを表します。
左の袖山線はアームホールと縫い合わせてあります。

今回はシンメトリー化させるのは真ん中のパターンです。
左側しか描かれていません。

シンメトリー化

2D Pattern Windowのツールバーから①[Transform Pattern]を選択し、②パターンを右クリックします。

表示されるメニューから[Symmetric Pattern (with Sewing)]を選びます。

上の画像のように配置してみましょう。
シンメトリーで作成したので、青くハイライトされていますね。
(with Sewing)のオプション付きでシンメトリーにしたので、右の袖とも縫い合わされている状態です。

今後シンメトリーのパターンと、例えば衿のパターンと縫い合わせを指示すれば、シンメトリーになっているパターンすべてにその操作が適用されます。

つまりいちいち左右別個にやらなくて済むということです。

もしオプションなしの[Symmetric Pattern]でパターンを反転コピーした場合は、上の画像のように青くハイライトされず、縫い合わせもされません。

マージ

ところでシンメトリーでコピーしましたが、間が空いてるのが嫌ですよね?
そこでマージという機能があります。

①ツールバーから[Edit Pattern]をクリックします。

②パターンの直線部分をクリック、Shift +クリックで2つ選択し、③[Merge]を選択します。

これで2つに分かれていたパターンがくっつきました。
ところでこの状態だと青くハイライトされていませんね?

左右対称に形状を変更できるんだろうかと。

ご安心ください。片方いじればもう片方も同様に動きます。

終わり

では今回はこれで終わります。

投稿者: 礒信一

3DCGクリエイター

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。