Clo3d パターンのチェック、回転について

礒です。今回はパターンの形状チェックと回転方法などについて書いていきたいと思います。
パターンチェックのための回転は2種類あるので、順番に紹介していきます。

サンプルパターン

今回は上の画像のようなパターンを用いてパターンチェックのやり方を書いていきたいと思います。

Walk Patternを使った方法

[Walk Pattern]というコマンドを使ってパターンを回転させてみたいと思います。
①まずツールバーから[Walk Pattern]を選択し、②合わせたいパターンの点をクリックし③矢印を伸ばします。

矢印を上の画像のように合わせる先のパターンの点に持っていきクリックします。

そうすると点と点がくっつき、あとはどの方向にパターンを持ってくるかを選択します。
カーソルの位置に赤い点が表示され、エッジに合わせることで、パターンの配置場所が決まります。

配置場所を確定したら、⑤右クリックをし、[Move Walked Pattern to Intersection]を選択します。

これでパターンの端と端を合わせてチェックすることができます。
その後もとの角度に直す方法は次の方法の最後に紹介します。

Match upを使った方法

こちらの方法のほうが割と楽かもしれません。

①ツールバーから[Edit Pattern]を選択し、②と③のエッジを両方選択します。
*Shift +クリックで複数選択可能です。

③で選んだエッジ上で右クリックをし、④メニューから[Match Up]>[To Center]を選択します。

これでパターンを合わせることができました。

戻し方

パターンチェックを済ませて元の角度に戻したい場合の操作を書いていきます。

上の画像のように2つのエッジを選択して、[Match Up]コマンドを使ってみましょう。

するとこんな感じになります。
本当はパターンの中に垂直な線があればそれを選択して合わせることができますが、このパターンの場合はできませんね。

残る方法としては、パターンを選択したときに表示されるバウンディングボックスの、矢印で示したハンドルにマウスカーソルを合わせて回転操作を加えることぐらいです。

終わり

では今回はこれで終わります。

投稿者: 礒信一

3DCGクリエイター

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。