【3ds Max and Unity】MaxのデータをUnityで開く方法。テクスチャとマテリアル有り。

Rebuild Factoryzの礒です。
今回はテクスチャとマテリアルを設定した3ds MaxのデータをUnityで読み込む方法を書き留めておこうと思います。

方法はいくつかあると思うのですが、ひとまず自分の環境で再現性のある方法を挙げてみます。


3ds Max

今回使うデータは洗面所と風呂だけの小屋みたいなものを使います。
ドアに木目のテクスチャがあるのがぱっと見でわかりますね。

File > Export > Exportをクリックします。

FBX Exportウィンドウが出てきます。
設定はデフォルトでいいんですが、一か所だけ変えます。
Embed Mediaにチェックを入れてOKをクリックして保存します。

これで3ds Max側で行う操作は終わりです。

Unity

Unity Hubを開きます。
プロジェクトを新規作成します。

プロジェクト名は適当に決め、テンプレートは3Dにしておきます。

Projectタブの空きスペースを右クリックしてImport New Assetをクリックして、先ほど保存したFBXを読み込みます。

これが読み込んだFBXデータです。
ぱっと見でテクスチャがないのがわかります。

Projectタブ内のFBXデータを選択すると、InspectorタブでMaterialsをいじることができます。
Materials内のLocationをUse External Materials (Legacy)に変更します。

最後にApplyをクリックするとマテリアルとテクスチャのImportが始まります。

これでマテリアルとテクスチャが読み込まれました。
ぱっと見でドアにテクスチャが貼られたのがわかるかと思います。

動画のほうでは小屋の中も確認しておりますので、ご興味のある方は動画も見てみてください。

以上、3ds Maxからテクスチャとマテリアルを一緒にしてUnityで読み込む方法でした。

投稿者: 礒信一

3DCGクリエイター

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。