【Unity VR】UnityでVRを簡単にやる方法【Oculus Rift S】

Rebuild Factoryzの礒です。
今回はVR環境をUnityでさくっと構築する方法を書き留めておこうと思います。
Oculus使ってVRを試したいという方に向いていると思います。


動画

画像解説

まず手始めにUnityで新しいプロジェクトを作成します。

床がないとプレイヤーが落ちてしまうのでPlaneを作成しておきます。

何もないと寂しいのでキッチンをとりあえず置いておきます。

WindowからPackage Managerを開き、XR Plugin Managementをインストールします。

そしてAsset StoreからOculus IntegrationをUnityへ引っ張ってきます。

メニューのEditからProject Settingsをクリックし、表示されたウィンドウからXR Plugin Managementをクリックし、設定を開きます。
今回はOculusを使用するので、Oculusにチェックを入れます。

次にOculusの項目を開き、チェックを確認します。

画面上部のメニューバーにOculusが追加されているので、そこからPlatform > Edit Settingsをクリックします。
アプリケーションIDの部分が空欄です。
ここにアプリIDを入力する必要がありますが、ない場合はCreateボタンをクリックしてOculusの公式サイトへアクセスします。

ユーザー登録が必要な方は登録してください。
登録済みであれば「新しいアプリを作成」をクリックします。

アプリ名とプラットフォームを設定します。

新しいアプリを作成するとアプリIDが生成されます。
これをコピーします。

そのIDを先ほど開いたOculus Platform SettingsのアプリケーションIDにペーストします。

次は、メニューバーのOculus > Avatars > Edit Settingsとアクセスし、ここにもアプリIDをペーストしておきます。

VRカメラをシーンに挿入するために、Projectで「ovrp」と検索して、OVRPlayerControllerを見つけ出しドラッグアンドドロップでHierarchyパネルに放り込みます。

シーンに追加されたVRカメラ(プレイヤー)を移動・回転させます。

あとはUnityのプレイを押してOculusを被るだけです。
一応コントローラーのジョイスティックで移動することができます。

これでUnityによるサクッとできるVR体験は以上です。

投稿者: 礒信一

3DCGクリエイター

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。